【田下啓子エッセイ】相撲界は妖怪だらけ!

貴乃花親方と揉めている相撲の世界が面白いね~!

もうドンドン魑魅魍魎たちが躍りだしている!!

だいたい神技だとか礼節だとかを持ちだす世界の裏はもう

妖怪と不義だらけです。

ほんとうは妖怪やお化けが闊歩する汚い世界だからこそ、

そういう風に神技だとか礼節だとかで<偽装>するのです。

明らかに今回は集団リンチであり、

それが常態化していたということでしょう。

さらにもう一つ今度はセクハラがでてきたね。

人を感動させるとかの綺麗ごとの裏社会には
暗躍する闇世界がつきものです。
オリンピックだってその類です。

でも、貴乃花親方、沈黙は金で、それを貫き通すことです。

今回の処分も承知の上でのことでしょう。

言葉を吐けば吐くほど、事の本質から反れていきますからね。

いずれ妖怪は自滅していきます。

それにしても、池坊のバアサン、75歳になっても

つけまつげをつけ真っ赤な口紅をつけて出てくるんだから、

まさに妖怪そのものです。

世の水面には、こういうボウフラのような妖怪が

うようよしていますが、でもねこういう輩はいずれ

一寸法師や桃太郎の若者に退治されるでしょう。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です