【田下啓子エッセイ】キングオブコントを見ました!

キングオブコントを見ました。
優勝した「かまいたち」とってもシュールで良かったです。

ただね、二位の「にゃんこスター」は
いけません。

もうド素人芸であり、芸以前の何もできていません。
縄跳びをする女芸人のそばで
うるさく叫び続ける相方も
間を取ることすらできていない。

のにどうして審査員は高得点を入れるのでしょうかね~。

今回のキングオブコントは審査員に問題があります。

ただ「かまいたち」の黒光りする芸が光っていたので

救われました。

それと点数は低かったけど
「パーパー」の<ほしのディスコ>君には、
これからの伸びしろ才能を感じました。

コントもよほど人間をよく観察し

以外性や、逆の真実性に対して

鋭い感性と考察は必要なんだな~と

思いました。

さらに

その以外性と真実性を深く掘り下げ、練って練って、

マンネリした笑いを突破しなければならないのでしょう。

大変だけどガンバってほしいです。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です