【田下啓子エッセイ】芸人「三四郎」小宮が可愛くて仕方がない!

最近お笑い芸人の「三四郎」小宮が可愛くて仕方がない!

イタチのような顔をして小心者の小宮が、
それでも、懐に仕込んだ小刀で、
先輩芸人と応酬しているのが面白い。

先日もアメトーク<高校野球芸人>で、
先輩のアンジャッシュ渡部を、ちくちく刺していた…苦笑

何事にも要領よく乗っかって来る渡部の、
高校野球芸人の付け焼刃を引っ剥がそうと、
それはまあ、
イタチの最後っ屁ごとき技で応戦していた…笑

でも小宮がでてくると楽しい!!

ポンコツな小宮が、ひとりごとのようにつぶやくことの中に
何となく報われない者の悲哀があって
それに思わず吹き出してしまう。

顔も貧相で、頭もポンコツだけど、でも
小宮君は決して威張らない!

でもこういう小者は
もしかしたら立場が違えばいばりだすのかな~???

以前、小宮と、コレもポンコツの永野のふたりが、
仲良く向き合って、貧しい食事をしているのを見て

つくづくと私は

いいな~!と思った!

最低のポンコツ芸で頑張っている

ふたりともが

いいな~と、思う。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です