【田下啓子エッセイ】ユダの物語

いよいよ海山かのんさんの連載漫画
「宮澤賢治ってどんな人?」がはじまりました。

宮沢賢治って、どんな人?

導入を見るとどうやらザネリから入るようです。

 

ザネリというと私はイエスキリストと
彼を裏切るユダをおもいだします。

ユダも大変重要人物です。しかし
ユダのことはあまり取り上げられません。

 

以前私はユダのことを書いて本にしようと思っていましたが
その原稿を紛失してしまいました・・・・苦笑!

 

いつもクリスマスに書いている
「こころに沁みるイエスのことば」で
今年はユダのことを書いてみますかね~。

 

この世、つまり人間の世は、すべての人間が主役であり、

そしてすべての人間が脇役でもあります。

 

つまり人間の世の中は<関係>によってしか成り立たないのです。

そして「物語」というのは

そこに登場するすべてが

それを書いた人間の分身です。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です