「村上浩康の その一本に魅せられて 第一回」を「MIZUTAMA」第2号に掲載しました。

oteマガジン「MIZUTAMA 第2号~特集 ドキュメンタリー映画の世界」にドキュメンタリー映画作家・村上浩康監督のコラム「村上浩康の その一本に魅せられて 第一回」を掲載いたしました。

こちらにつきましては、以下URLより購入せずとも最後まで無料で読むことができますので

村上浩康の その一本に魅せられて 第一回 | ツッチー | note

※この記事は投げ銭方式です。購入せずとも最後まで読むことができます。 ドキュメンタリー映画監督渾身の映画論評コラム。 第一回目は映画「ロゼッタ」の前編です。 「ロゼッタ」 (1999年 ベルギー・フランス合作) 監督 リュック&ジャン・ピエール・ダルデンヌ 人間を見つめる厳しい目と徹底した創作スタイル …

リュック&ジャン・ピエール・ダルデンヌ作「ロゼッタ」について村上監督が渾身のコラムを書き上げています。

【「MIZUTAMA」第2号の価格について】
マガジン1冊の価格は300円
記事単体の価格は100円

マガジン1冊をご購入いただくと、すべての記事が読めます。
(10前後の記事を用意していますので、1冊ご購入がお得です!)

ぜひ、お楽しみください。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です