論評「さがみ人間未来フィルムフェスティバル」(1) 「MIZUTAMA」第2号に掲載しました。

noteマガジン「MIZUTAMA 第2号~特集 ドキュメンタリー映画の世界」に、「MIZUTAMA」代表・田下啓子による論評「さがみ人間未来フィルムフェスティバル」 (1)を掲載いたしました。

論評「さがみ人間未来フィルムフェスティバル」 | 田下啓子 | note

今回の特集は、ドキュメンタリー映画についてです。  ドキュメンタリー映画とはなにか。それは劇映画や商業映画とはどのように違うのか。逆にドキュメンタリー映画の醍醐味は何かなどについて、「MIZUTAMA」編集部の最も身近にあるドキュメンタリー映画祭「さがみ人間未来フイルムフェスティバル」を取材してお贈りしたいと思います。 …

4月に開催されたドキュメンタリー映画祭「さがみ人間未来フィルムフェスティバル」出展作「こどもこそミライ」を取り上げています。

【「MIZUTAMA」第2号の価格について】
マガジン1冊の価格は300円
記事単体の価格は100円

マガジン1冊をご購入いただくと、すべての記事が読めます。
(10前後の記事を用意していますので、1冊ご購入がお得です!)

ぜひ、お楽しみください。

「さがみ人間未来フィルムフェスティバル」マスコットのサニフちゃん

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です